オプション取引

オプション取引

スポンサード リンク

オプション取引とは、特定の現物資産を決められた期日、またはそれまでの期間内に、決められた価格で購入・売却する権利を売買する取引をいいます。

そして買う権利はコールオプション、売る権利はプットオプションと呼びます。

また、満期日までいつでも権利行使可能なオプションをアメリカンオプション、権利行使が満期日に限られているオプションをヨーロッピアンオプションと呼びます。

ただし日本では、ヨーロッピアンオプションしかありません。

なおオプション取引の流れとしては、株が値上がりすると予想した時に、その株をある価格で買う権利を買い、そして予想通りにその株価が上昇したら、権利を行使して値上がりした株価と、買い付けた株価の差益を得ることができます。

ただし、オプション取引の仕組みは実際には複雑であり、信用取引と同様にプロ向けの取引で、ハイリスク・ハイリターンとなります。