信用取引

信用取引

スポンサード リンク

信用取引とは、証券会社が個人投資家に、金銭や有価証券の貸付け・立替えを行い、有価証券を売買することをいいます。

そして投資家が有価証券の売買を行う際に、売付証券・買付代金を証券会社から借り受けられるので、現株・現金を持たなくても売買が可能となります。

また信用取引の売買は、買い手はお金を借りて株を買うので空買いといい、売り手は持ってない株を借りて売るので空売りといいます。

さらに決済方法は買いの場合、買った株を売却して借りたお金を返す方法と、お金だけを返して株を自分のものにする方法があります。

一方で売りの場合は、借りていた分の株を買ってそれで株を返す方法と、売っていた株と同じ銘柄を自分で持っていた場合、それを渡して決済する方法があります。

なお、信用取引の決済には3ヶ月か6ヶ月の期限があって、決済期限は取引開始時に決める必要があり、途中変更できません。

また信用取引は、少ない元手でリターンが大きい分ハイリスクなので、一般的に信用取引の口座を作る場合には、株取引歴が数年以上あることと、信用取引を始める委託保証金の最低額200万円が条件となっています。