中期国債ファンド

中期国債ファンド

スポンサード リンク

中期国債ファンドとは、証券会社で取り扱う公社債型投資信託で、追加設定や換金が比較的自由にできる、銀行の普通貯金の類似商品です。

そして金利は、金利情勢に応じて日々変動する自由金利ですが、各社から翌日1週間適用する予想分配率を発表しています。

ただし中期国債フォンドは、普通貯金並の流動性の高さや利回りの高さが人気を呼びましたが、MMFが発売されてからは人気が薄れています。

なぜなら基本的な利便性はMMFと同じでも、利回りがMMFの方が若干高く設定されているからです。

なお中期国債ファンドの申込単位は、1円以上1円単位で、購入後30日移行は手数料なしで引き出しが可能です。

ただし30日未満の場合は、1万円につき10円の手数料が必要となります。