株式ミニ投資

株式ミニ投資

スポンサード リンク

株式ミニ投資とは、個人投資家が購入しやすいように、売買単位を単位株数の10分の1にしたもので、少額から株式投資が可能です。

そして購入株式の名義は、取扱証券会社となりますが、配当金や株式分割等は株数に応じて配分されます。

ただし追加購入により単位株となれば、名義書換の手続を行い、通常取引の単位株と同じ扱いになります。

しかし株式ミニ投資は、通常の単位株取引とは異なり、購入価格が注文した翌日の始値で決まり、指し値注文ができません。

なお通常の取引では、株式を証券会社で保護預りにすると、口座管理料として年3150円が必要になりますが、一部の証券会社では口座管理料を無料にしたり、安くしている所もあります。