株価関連指標の見方

株価関連指標の見方

スポンサード リンク

株価関連指標の代表的なものとして、EPS・PER・配当利回り・PBR・ROEがあります。

EPSは、1株当たりの利益のことで、投資家の立場から企業の収益力を見るための指標で、「1株当たりの利益=当期純利益/発行済株式数」で表されます。

PERは、株価収益率のことで、株価がEPSの何倍まで買われているか、現在の株価が割高か割安かを測る指標で、「株価収益=株価/1株当たりの利益」で表されます。

配当利回りは、株式投資で得られる2つの収益の内の1つで、「配当利回り=1株当たりの年間予想配当額/株価」で求められる指標です。

PBRは、株価純資産倍率のことで、1株当たりの株主資本を使って株価の割高・割安を判断する投資指標で、「PBR=株価/1株当たりの株主資本」で表されます。

ROEは、株主が企業に委ねた資本から、企業がどれだけの収益を上げたかを見る指標で、「ROE=当期利益/株主資本」で表されます。